紙戸屋・中野表具店
屏風新調・二曲屏風
屏風新調・反古柿渋紙と金の市松屏風
屏風新調・反古柿渋紙と金の市松・二曲屏風

反古柿渋紙と金の市松・二曲屏風

反古代用紙を柿渋染めにし、金の紙と市松にした屏風の新調です。

「古い感じの屏風」をご所望でしたので、古い雰囲気を醸し出すため「反古代用紙」を柿渋染めにして使用。また、安価に作成するため「襖骨・襖縁」を使用しました。裏面は茶色の雀型。

反古紙(ほぐし・ほごし)とは古い使い古しの和紙。多くは大福帳などです。昔の和紙は化学物質なども含まず丈夫で、また年月を経過した和紙は伸縮が少なくなるため、狂いが少なく、上質の襖や屏風などの下張りに使用します。当店でも「本襖」にはこの「反古紙」を使用します。また、お茶室の腰張りに反古紙(ほぐし・ほごし)を使用することもあります。

*今回の屏風に張り込んだ反古紙は「代用品」です。

【新調】
反古柿渋紙と金の市松・二曲屏風
襖骨・チップボール
下張り 上下張り(純楮和紙)
反古代用紙を柿渋染め・金和紙
染め色 ---
加州黒
5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
・5月2日は展示会のため臨時休業とさせていただきます。
6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
紙戸屋・中野表具店(事務所)

大阪市城東区野江4-3-29
TEL:06-6931-4856
FAX:06-6935-1245
営業時間:10:00〜18:00
休  日:土曜・日曜・祝日・夏期、冬期休暇